Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ザゼンソウ

ザゼンソウ (座禅草)
Symplocarpus foetidus var.latissimus
 ザゼンソウは湿りけのある林下や湿原に生え、尾瀬ヶ原ではミズバショウより早く咲きはじめます。肉厚の苞はミズバショウとちがって暗紫色で、高さは10〜20cmにしかならず、印象はかなり異なります。苞の中にはラグビーボールのようなかたちの花序があって、これを僧が座禅を組んでいるようすにたとえて名前がつきました。尾瀬ヶ原では下田代にとくに多く、群馬県と福島県を分ける沼尻川をこえ、見晴へと向かう途中の木道わきで、ぽつぽつと花を咲かせるザゼンソウを見ることができます。
■撮影地別
 ○福島県尾瀬ヶ原
 ○群馬県前橋市

クローズアップ

■群落
1994.6.4 福島県尾瀬ヶ原
           2014.3.9 群馬県前橋市 2014.3.9 群馬県前橋市
Before Plant   Next Plant