Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ツチアケビ

ツチアケビ (土通草)
Galeola septentrionalis
 ラン科には多くの従属栄養性の種類がありますが、九州以北で見られるものとしては、オニノヤガラとならんでもっとも大型なのがツチアケビです。高さ1m以上にもなり、夏に黄褐色の花をまばらに咲かせます。花からは名前の由来は見当もつきませんが、秋になると真っ赤なソーセージのようなかたちの果実をたくさんつけるため、アケビの実が土中からでてきたようだ、ということでついたものです。北海道から九州まで分布しますが、関東には少ないらしく、このとき初めて花を見ることができました。
■撮影地別
 ○高知県天狗高原
 ○東京都八王子市
 ○京都府京都市(果実期)

クローズアップ

■群落
2005.8.7 高知県天狗高原
         2009.6.21 東京都八王子市 2007.8.23 京都府京都市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「ツチアケビ」