Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ツバメオモト

ツバメオモト (燕万年青)
Clintonia undensis
 尾瀬ヶ原の北東にある温泉小屋からさらに北に向かうと、まもなく道は二つに分かれます。多くは三条の滝へと足を向けますが、段吉新道、裏燧林道を経て御池へ向かう道は利用する人も少なく、静かな山歩きが楽しめます。この日、尾瀬ヶ原を通り過ぎて段吉新道を進んでいくと、チシマザサの下にツバメオモトが群生しているのに出会いました。「オモト」は葉のかたちに由来するのはわかりますが、なぜ「ツバメ」なのかがなぞでした。調べてみて青い果実の色から燕色を連想したものと納得しました。
■撮影地別
 ○福島県尾瀬
 ○北海道暑寒別岳
 ○岩手県早池峰山(果実期)

クローズアップ

■群落
1994.6.4 福島県尾瀬
          2006.7.9 北海道暑寒別岳 2006.8.6 岩手県早池峰山
Before Plant   Next Plant