Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > シュンラン

シュンラン (春蘭)
Cymbidium goeringii
 日本に分布するシンビジウムにカンランやシュンランがあります。カンランは乱獲でほぼ絶滅状態となってしまいましたが、シュンランは、気をつければ今でも雑木林で見ることができます。これらは東南アジア原産の豪華なシンビジウムの仲間ですが、園芸的には「東洋蘭」と呼ばれ、区別されています。早春、まだ枯れ葉ばかりで芽吹いていない雑木林の地表では、常緑のシュンランはよく目立ちます。一見するとヤブランに似ていますが、明るい葉の色や細かな鋸歯で簡単に区別することができます。
■撮影地別
 ○東京都小金井市
 ○東京都あきる野市

クローズアップ

■群落
1995.4.15 東京都小金井市
          2003.3.23 東京都あきる野市 
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「シュンラン」
表紙によせて「シュンラン」