Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオウシノケグサ

オオウシノケグサ (大牛の毛草)
Festuca rubra var. rubra
 オオウシノケグサの葉は、ウシノケグサと同じくとても細くて幅は1〜2mm、この葉を牛の毛にたとえた名前です。オオウシノケグサは山地から高山にかけての草地や岩礫地に生え、高さは20〜50cmになります。至仏山では、蛇紋岩のあいだからオオウシノケグサが花序をのばしていました。5〜9個の小花がまとまった、紫がかった小穂が円錐状に連なります。写真を見ると、去年の花序が枯れてそのまま残っており、寒冷な環境だけに微生物による分解がなかなか進まないのかもしれません。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.7.24 群馬県至仏山