Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオヌマハリイ

オオヌマハリイ (大沼針藺)
Eleocharis mamillata var. cyclocarpa
 日光方面から金精トンネルをぬけて群馬県へと移動し、この日の最後に訪ねた山中の沼では、しばらく雨が降らなかったのか、水位がかなり下がっていて、カヤツリグサ科やホシクサ科など、沼のほとりに生える植物をまぢかに観察することができました。まとまって群生していたのがオオヌマハリイです。高さ30〜70cmほどになり、地下茎で増えてたくさんの花序を上向きにのばします。北海道から本州、四国まで分布し、湖沼のほか、尾瀬ヶ原のような湿原でも見ることができます。
■撮影地別
 ○群馬県片品村


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2010.9.5 群馬県片品村