Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオミズトンボ

オオミズトンボ (大水蜻蛉)
Habenaria linearifolia
 初めて目にするオオミズトンボは、直径3cmはあろうかという大きな花はもちろんのこと、純白の花びらと、糸のように細長くたれさがった唇弁の取り合わせがおもしろく、図鑑で知っていても、実物を目の当たりにして見入ってしまいました。本州の日当たりのよい湿地に生えますが、生育環境の悪化と心ない人たちの盗掘によってその数を著しく減らしています。高さは60cmになり、湿地では白い花序がひょろっとのびて目立つものの、下のほうにつく細い葉は草に隠れて目に入りません。
■撮影地別
 ○栃木県


クローズアップ

■群落
2016.8.11 栃木県
               2016.8.11 栃木県
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「オオミズトンボ」