Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオカサスゲ

オオカサスゲ (大傘菅)
Carex rhynchophysa
 オオカサスゲはヤチスゲなどと同じく、湿原に群生するスゲの1つで、ユーラシアに広く分布し、国内では北海道と本州の中部以北から知られています。花序の先端につく雄小穂の数は多く3〜7つあり、細長い筆のようなかたちをしています。雄小穂の下には長さ5〜10cmの雌小穂が2〜5つ、いずれも上向きにならびます。大きなものでは高さ1mにもなり、名前もカサスゲに似て大型であることからついたものでしょう。夕張岳では、中腹の小湿地になったところで見かけました。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.7.8 北海道夕張岳