Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオイトスゲ

オオイトスゲ (大糸菅)
Carex alterniflora
 オオイトスゲは春の丘陵地や山あいで花をつけるスゲで、高さ20〜50cmになり、枯れ草のあいだからまっすぐに花序をのばし、先端には雄小穂をつけ褐色の葯をひろげます。その下には2〜3個の雌小穂がはりつくようにつきます。葉の幅は2〜3mmと細く、名前もこれに由来するのでしょう。このときは中之条町で植物を観察しながら散策するというイベントがあり、わたしは講師として参加者のみなさんと歩くうちに道路ぞいで群生するのを目にしたのがオオイトスゲでした。
■撮影地別
 ○群馬県中之条町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2013.4.20 群馬県中之条町