Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオバノトンボソウ

オオバノトンボソウ (大葉の蜻蛉草)
Platanthera minor
 オオバノトンボソウは高さ30〜60cmほどと、このグループとしては大きいほうです。花茎につく花は、写真の個体はわりあいに密についていますが、ふつうはもっとまばらにつくものが一般的です。また、花茎には「稜」と呼ばれるすじが入っていて、わかりやすい区別点となっています。花は直径1mmあまり、2cmちかくもある長い距が下向きにたれさがります。東北地方南部から九州にかけて分布しますが、尾瀬のような山深いところにはなく、丘陵や低山などに生えることが多いようです。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

■群落
2007.8.12 神奈川県箱根
          2007.8.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant