Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オクノカンスゲ

オクノカンスゲ (奥の寒菅)
Carex foliosissima
 まだ緑の少ない山道をぬけ、ようやくたどり着いた山頂で一休みしていると、オクノカンスゲが花序をのばしているのに気づきました。常緑のスゲで、カンスゲに似ていますが、葉の幅が広く、その断面がM字状になることと、匐枝をのばして栄養繁殖するのが特徴です。名前は「奥の細道」と同じで「陸奥」と「出羽」をあわせた奥羽地方、つまり今の東北地方を指すものですが、じっさいは北海道から本州を経て九州北部まで広く分布します。
 
■撮影地別
 ○福岡県甘木市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.3.26 福岡県甘木市