Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > クモマスズメノヒエ

クモマスズメノヒエ (雲間雀の稗)
Luzula arcuata ssp. unalaschkensis
 ようやく白馬岳の稜線にたどりつき、ちょうど満開となって群生するウルップソウのみごとさに驚きつつカメラを向けていると、足もとの小石がゴロゴロとしたところにクモマスズメノヒエが生えているのに気づきました。高さは10cm前後、同じイグサ科で、やはり高山に生えるタカネスズメノヒエとちがって花序は茶色く、稲穂のようにたれ下がります。北半球の高山や寒冷地に広く分布し、日本では北海道と本州中部の高山から知られていて、どうやら東北地方にはないようです。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2008.7.5 長野県白馬岳