Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コシノコバイモ

コシノコバイモ (越の小貝母)
Fritillaria koidzumiana
 コシノコバイモは北陸地方を中心とする日本海側に分布し、早春のころ、落葉樹林下で釣り鐘のようなかたちの花を下向きにつけます。金沢で暮らすようになるまで見たことのなかった植物のひとつですが、MIZUAOIさんに教えていただいた自生地では、ザゼンソウキンキエンゴサクとともに咲くコシノコバイモの小群落を見つけることできました。どれもよく似たコバイモの仲間ですが、コシノコバイモの場合は、花被片の内側の先端付近に細かい毛のような突起が密集しているのが特徴です。
■撮影地別
 ○石川県金沢市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2001.4.21 石川県金沢市