Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コゴメガヤツリ

コゴメガヤツリ (小米蚊帳吊)
Cyperus iria
 コゴメガヤツリはカヤツリグサと似ていますが、より湿ったところを好み、水田のあぜ道や休耕田でよく見かけます。カヤツリグサ属の特徴は、茎の先についた長い苞が放射状にいくつものびるところで、その中心に花序がつきます。コゴメガヤツリの花序は、枝分かれしたものが数個束状につくのが特徴で、カヤツリグサにくらべると細長い印象があります。名前は小さなたくさんの果実のようすを、玄米をついて白米にするときに割れてしまった「小米」に見立てたものでしょうか。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.26 神奈川県横浜市