Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > カヤツリグサ

カヤツリグサ (蚊帳吊草)
Cyperus microiria
 カヤツリグサ科というと、湿ったところに生える印象がありますが、科の名前を冠するカヤツリグサはそれほどでもなく、ちょっとした道ばたや空き地でも見かけ、写真も工場前の芝生の植えこみに生えていたものです。1年草であるせいか、春に咲くものの多いスゲ属に比べると花期は遅く、秋になります。茎を4つに裂くと蚊帳(かや)のように見えることからついた名前といいますが、わたしは蚊帳を見たり聞いたりしたことはあっても、自分で使ったことはなく、あまり実感がわきません。
■撮影地別
 ○神奈川県藤沢市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.26 神奈川県藤沢市