Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > イソヤマテンツキ

イソヤマテンツキ (磯山点突)
Fimbristylis ferruginea var. sieboldii
 海岸にもその環境に適応した植物が見られるとはいえ、さすがに波しぶきがかかるようなところに生えるものとなると、それほど多くありません。イソヤマテンツキはそんな岩場や砂浜でも元気に葉をのばしており、耐塩性の強い種類なのでしょう。その葉を見ると、たしかに葉の幅は1mmぐらいしかないうえ、クチクラ層が発達して固いつくりになっています。株立ちで高さ20cm前後になり、太平洋側では千葉県、日本海側では石川県から西に分布し、南は沖縄まで知られています。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2010.7.18 神奈川県三浦市