Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > イヌノハナヒゲ

イヌノハナヒゲ (犬の鼻髭)
Rhynchospora rogosa
 ミカヅキグサの仲間はどれも湿地に生え、花穂も小さいせいか、カヤツリグサ科のなかではあまりめだたないほうです。その1つであるイヌノハナヒゲは高さ30〜60cmになる種類で、愛知県以西に分布し、西日本に多く見られるほか、熱帯に広く分布します。小穂には赤褐色の鱗片がいくつもつき、そのなかに1〜2個の小花がかくれています。小花は茎の先端や葉のつけねにつき、このようなようすを犬がヒゲに花をつけたようだとみて、この名前になったのでしょうか。
■撮影地別
 ○愛知県葦毛湿原


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.8.13 愛知県葦毛湿原