Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > エノコログサ

エノコログサ (狗尾草)
Setaria viridis
 エノコログサは、子供たちにとってはこの名前よりも「猫じゃらし」という名で親しまれています。私自身、子供のころにこの花穂を集めてあそんだ記憶があります。花穂をかるく握ると、毛虫のように動くのが子供心におもしろかったものです。同じ方向にむいた多くの剛毛がバネになって進むしくみです。エノコログサは空地などでごく普通に見かける1年草で、夏から秋にかけて花穂をのばして花を咲かせます。エノコログサが食用に改良されたのがアワで、中国では古くから五穀の一つとされています。
■撮影地別
 ○東京都武蔵村山市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2000.8.19 東京都武蔵村山市