Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アズマガヤ

アズマガヤ (東茅)
Asperella longe-aristata
 アポイ岳の樹林下の道を進んでいたところ、アズマガヤが花序をたれ下げてならんでいるのが目に入りました。高山植物というわけではありませんが、アポイ岳は標高の低い山だけにこうした山地の植物も多く見られます。アズマガヤは高さ1m前後になり、初夏に長さ10cmほどになる花序をつけます。どういうわけか、つけねで葉はクルリと裏表ぎゃくになるのが特徴です。名前には「東」とつきますが、東日本に固有というわけでもなく、北海道から九州まで広く分布します。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2013.8.7 北海道アポイ岳