Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アポイゼキショウ

アポイゼキショウ (アポイ石菖)
Tofieldia coccinea ver. kondoi
 アポイゼキショウについては、この前年の5月に登ったときも見たのですが、その日は風雨が強く、アポイゼキショウは風にゆれやすい小さな花をつけるだけあって、撮影は断念せざるを得ませんでした。このときは幸いに風もなく、じっくりカメラを向けることができました。チシマゼキショウの変種でよく似ていますが、葯がチシマゼキショウの赤っぽい色に対して紫色であること、花茎からのびて花をつける花柄が1.5〜2cmと長いことが特徴とされます。アポイ岳のほか道南の大平山からも知られます。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant  2009.7.5 北海道アポイ岳