Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウ (洋種山牛蒡)
Phytolacca americana
 秋も暮れになると、空き地や畑のすみでヨウシュヤマゴボウがブドウを思わせる果実を鈴なりにつけた果穂をぶら下げているのを見かけるようになります。毒々しいくらいに濃い暗紫色の果実は、食用にはならないものの、子供たちにとっては色水をつくって遊ぶかっこうの材料となります。古く日本に帰化したとされるヤマゴボウに似て、北アメリカ原産の帰化植物であることから、「洋種」の名がついています。ヤマゴボウは果穂が直立しますが、ヨウシュヤマゴボウでは垂れ下がるので区別は容易です。
■撮影地別
 ○神奈川県秦野市
 ○東京都多摩市
 ○静岡県伊東市

クローズアップ

■群落
2004.9.5 神奈川県秦野市
       2013.9.8 静岡県伊東市    2013.8.16 東京都多摩市
Before Plant   Next Plant