Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤマハナソウ

ヤマハナソウ (山鼻草)
Saxifraga sachalinensis
 礼文滝の入口を過ぎ、桃岩方面に進んでいくと、赤茶けた土の斜面に生えるヤマハナソウが目に入りました。本州には分布しない上、花も地味なので、ユキノシタの仲間でも知名度が高いとは言えませんが、この仲間の例にもれず、クローズアップで見ると、花弁と雄しべや雌しべの組み合わせが造形的です。名前は「山花草」ではなく、山のはしに生えることによる「山端草」と思っていたところ、山鼻村(後に札幌市に統合、現中央区)にある藻岩山で採取されたことに由来すると教えていただきました。
■撮影地別
 ○北海道礼文島


クローズアップ

■群落
2004.6.18 北海道礼文島
           2004.6.18 北海道礼文島
Before Plant   Next Plant