Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ウリハダカエデ

ウリハダカエデ (瓜肌楓)
Acer rufinerve
 日向山山頂で花崗岩の白砂がつづく景色を堪能したあと、林道までくだって登山口へと戻る途中、ウリハダカエデが道路わきで枝を広げているのが目に入りました。ウリハダカエデは高さ10mほどになる雌雄異株のカエデです。若い木は幹が緑色っぽく、縦にすじのようなもようが入り、マクワウリを思わせることからこの名前があります。葉は秋に紅葉するものと黄葉するものがあるそうです。ちょうど花の時期とあって、10個ほどの黄色い花を連ねた花序を枝先からたれ下げていました。
■撮影地別
 ○山梨県日向山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.6.2 山梨県日向山