Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ウンゼンカンアオイ

ウンゼンカンアオイ (雲仙寒葵)
Asarum unzen
 雲仙岳は火山や温泉地として有名ですが、植物の種類が多いことでも知られ、ウンゼンカンアオイをはじめ、ウンゼントリカブトなどその名を冠した植物がいくつもあります。ウンゼンカンアオイは九州北西部に分布し、雲仙岳では数は多く、温泉地の近くや登山道わきで見ることができます。萼裂片のふちが波打っているところはタマノカンアオイを思わせますが、葉が葉脈に沿ったくぼみや、葉の表面の光沢はなく、ごくふつうのカンアオイの葉のかたちです。
■撮影地別
 ○長崎県雲仙岳


クローズアップ

■群落
2017.5.14 長崎県雲仙岳
2017.5.14 長崎県雲仙岳 2017.5.14 長崎県雲仙岳
Before Plant   Next Plant