Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タマノカンアオイ

タマノカンアオイ (多摩の寒葵)
Asarum tamaense
 タマノカンアオイは高尾山や多摩丘陵など、関東地方南部に分布するカンアオイの仲間です。カンアオイよりも花期は遅く、新緑が濃くなりはじめたGWごろに落葉樹林下で花をつけます。光沢のある厚ぼったい葉が特徴で、花が咲いていない時期でもカンアオイとの区別は容易です。株もとにつく花に3つある裂片の周辺部は波うっていて、カンアオイの花とはかなり異なります。高尾山ではスギの株もとで咲いていましたが、このような地味な花では、よほど注意していないとなかなか気づきません。
■撮影地別
 ○東京都高尾山


クローズアップ

■群落
1997.4.27 東京都高尾山
        2006.4.29 東京都高尾山   
Before Plant   Next Plant