Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > トウゴクサバノオ

トウゴクサバノオ (東国鯖の尾)
Isopyrum trachyspermum
 シロカネソウ属のうち「サバノオ」とつくものは3種ありますが、関東地方にはトウゴクサバノオ1種だけが分布しています。本州から四国・九州まで分布するため、西日本では近縁種とまちがえないよう注意が必要ですが、花弁のように見える5つの萼でおおわれた花がクリーム色であることや、花の向きが上〜横向きになることがわかりやすい特徴です。多くの種類が花を咲かせる春の低山では、高さがわずか10〜20cmしかなく、小さく地味なトウゴクサバノオはなかなか気づいてもらえないようです。
■撮影地別
 ○群馬県鳴神山
 ○大阪府金剛山

クローズアップ

■群落
1996.4.29 群馬県鳴神山
        2007.4.21 大阪府金剛山   
Before Plant   Next Plant