Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > トサミズキ

トサミズキ (土佐水木)
Corylopsis spicata
 トサミズキは春にいち早くレモンイエローの花を咲かせるので、庭木や生け花で利用されています。このあたりは中国原産のレンギョウと似ていますが、トサミズキは高知県に固有の自生種です。高さ4mほどになり、葉の展開前、枝先に長さ約4cmの花序をたれ下げます。花には早いと承知のうえで立ち寄った自生地では、花序が顔をだしたばかりで、花はわずかに見えたていどでした。高知県では市街地近くでも蛇紋岩の露頭があって、トサミズキがふつうに生えていることに驚かされました。
■撮影地別
 ○高知県高知市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.2.19 高知県高知市