Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マルバマンサク

マルバマンサク (丸葉金縷梅)
Hamamelis japonica var. obtusata
 山地で春にいち早く花を咲かせるマンサクですが、鳥取県以北の日本海側に分布するものは葉の上半分が丸みを帯び、変種のマルバマンサクとして区別されます。花をクローズアップで見ると、母種と同様、4枚の黄色くて細長い花弁と、同じく4枚の暗紅色の取り合わせが特徴的ですが、樹高は mもあるうえに稜線に生えることが多く、手の届くところにはなかなか見つかりません。このときは雪によるのか、倒れがかりながらも花をつけている枝があり、これにカメラを向けました。
■撮影地別
 ○新潟県新潟市


クローズアップ

■群落
2016..3.27 新潟県新潟市
        2016..3.27 新潟県新潟市  
Before Plant   Next Plant