Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タネツケバナ

タネツケバナ (種付花)
Cardamine flexuosa
 水田の雑草には、イネの栽培のサイクルをうまくいかして暮らしているものがあります。タネツケバナは田や湿地に生える越年草で、春先、まだ水入れされていない田で花を咲かせ、田植えの前には早々と結実します。そして秋になると、収穫後の水を落とした田で発芽し、翌春の開花に備えて冬を過ごします。3月末、シデコブシの撮影で出かけた田原町では、その自生地近くの田を一面真っ白に埋めつくすタネツケバナに出会いました。田植えの準備がはじまる前のほんのひとときのお花畑です。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○神奈川県横浜市
 ○愛知県田原町

クローズアップ

群落
2002.3.17 石川県金沢市
Before Plant   Next Plant 2003.3.30 愛知県田原町
“特選”Photo Gallery「タネツケバナ」
        2012.3.20 神奈川県横浜市