Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タカネバラ

タカネバラ (高嶺薔薇)
Rosa acicularis var. nipponensis
 タカネバラは高山性のバラで、本州と四国の東赤石山や剣山に分布し、本州中部の高山では、あまり場所を選ばず見られるようです。甘い香りをただよわせる花を見る機会は多いのですが、いっせいではなくパラパラと咲くことや、よく見ると花弁がいたんでいることも多いせいか、なかなかよい被写体にめぐり会えません。咲きはじめは濃いピンク色で、花が開くにつれてうすくなっていきます。花のあと、真っ赤な果実をつけるのは園芸品種のバラと同じですが、食べられるかどうか試したことはありません。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山
 ○長野県八ヶ岳

クローズアップ

■群落
1995.8.5 群馬県至仏山
        2006.8.1 長野県八ヶ岳   
Before Plant   Next Plant