Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シロバナリュウキュウコスミレ

シロバナリュウキュウコスミレ
(白花琉球小菫)
Viola yedoensis var. pseudo-japonica
f. sonoharae
 リュウキュウコスミレは、いってみれば本土のタチツボスミレに相当する、沖縄ではごく普通のスミレです。それだけに数も多く、白花品であるシロバナリュウキュウコスミレも報告されています。温室栽培のイチゴでもそうですが、春咲きの植物の場合、開花にちょうどよい環境が続くとつぼみが次々と上がる傾向があります。リュウキュウコスミレやリュウキュウシロスミレもそれにあたり、本土の近縁種より花期が長くなっています。そのかわりいっぺんには咲かず、果実と花が一緒につくこともしばしばです。
■撮影地別
 ○沖縄県恩納村


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.3.15 沖縄県恩納村