Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > リュウキュウコスミレ

リュウキュウコスミレ (琉球小菫)
Viola yedoensis var. pseudo-japonica
 3月下旬、初めておとずれた沖永良部島は、早くもフリージアが満開となっていました。この島ではテッポウユリをはじめとした花きの生産が、サトウキビとならぶ重要な産業となっています。夕方、荷物をホテルに置いてあたりを散策していると、リュウキュウコスミレがあちこちで花をつけているのを見つけることができました。ノジスミレの変種で、鹿児島県南部以南に分布する南方系のスミレです。葉は冬でも枯れず、花期は亜熱帯のスミレらしく冬から咲きはじめ、4月ごろまでみられます。
■撮影地別
 ○鹿児島県沖永良部島
 ○沖縄県恩納村

クローズアップ

■群落
1998.3.25 鹿児島県沖永良部島
        2005.3.15 沖縄県恩納村   
Before Plant   Next Plant