Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シチトウスミレ

シチトウスミレ (七島菫)
Viola grypoceras var. hichitoana
 伊豆諸島や相模湾沿岸の海岸近くのタチツボスミレには、全体に大型で、葉に光沢のあるものがあり、シチトウスミレと呼ばれます。厚めで光沢のある葉は、イソスミレと同じく、紫外線の強い直射日光や潮風に耐えられるように適応したものでしょう。伊豆諸島にくらべると、相模湾沿岸では数は少ないようですが、アズマネザサが生いしげる海岸の崖で、シチトウスミレがわずかに見つかりました。変種名が「hichitoana」となっているのは、「シ」を「ヒ」と発音してしまう江戸弁でつづったものと推測されます。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市


クローズアップ

■群落
2006.3.21 神奈川県三浦市
        2006.3.21 神奈川県三浦市
Before Plant   Next Plant