Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サマニオトギリ

サマニオトギリ (様似弟切)
Hypericum samaniense
 アポイ岳のオトギリソウは固有種のサマニオトギリとのこと、高山性のオトギリソウは7月下旬くらいから8月いっぱいが花のピークですから、7月初めではまだ少し早いかと思いつつも期待していた植物の1つでした。当日は最初こそ蕾ばかりでしたが、しだいに青空も見え、花を開いたサマニオトギリが見つかりました。幅広でおにぎりのような形の葉が密につくのが特徴で、花弁や萼に黒点がないのも他のオトギリソウと異なります。草丈は15〜30cmと低いものの、花は2〜2.5cmと大きいのが特徴です。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


クローズアップ

■群落
2009.7.5 北海道アポイ岳
        2009.7.5 北海道アポイ岳   
Before Plant   Next Plant