Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > レンゲイワヤナギ

レンゲイワヤナギ (蓮華岩柳)
Salix nakamurana
 ヤナギというと、高木のイメージがあるのですが、高山に生えるヤナギには地表をはうように枝を広がる種類がいくつか知られており、本州中部ではレンゲイワヤナギがこれに当たります。光沢のある楕円形の葉は稜線の岩場でも目につきやすいですが、ヤナギの例にもれず花期が早いため、登山シーズンにはもう花は終わっていることも多いものの、撮影した北岳では、雪融けが遅かった場所に生えていたのか、7月末になってもまだ花が見られました。白馬岳の旧名である大蓮華山に由来する名です。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1991.7.30 山梨県北岳