Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オトメスミレ

オトメスミレ (乙女菫) Viola grypoceras f. purprellocalcarata
 タチツボスミレの花の色は通常は淡紫色ですが、中には距だけに淡くピンク色がのこり、他は色がぬけて白くなったものがまれに見られ、オトメスミレと呼ばれています。オトメスミレには唇弁や側弁に紫色のすじがわずかに残るものと、このすじも含めて完全に白くなったものがあり、完全に白くなったものはよりめずらしいようです。「オトメ」の名はその花のようすを乙女にたとえたものと思いがちですが、実際は箱根の外輪山の一つの金時山の東にある乙女峠で最初に見つかったことからついた名前です。 ■撮影地別
 ○神奈川県金時山
 ○山梨県三ツ峠山
 ○神奈川県横浜市
 
クローズアップ
 
■群落
     1993.4.25 神奈川県金時山
 
           2003.4.29 山梨県三ツ峠山 2007.3.24 神奈川県横浜市
Before Plant   Next Plant