Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオハマボウ

オオハマボウ
Hibiscus tiliaceus
 この日、沖縄を去るまえに立ち寄った海岸では、砂浜の奥のほうを陣取るようにしてオオハマボウがしげっていました。花期は6〜8月とされますが、残念ながら時期が早すぎて花は1つしかついておらず、あとはつぼみばかりでした。花はハマボウより一回り大きいですが、どうもハマボウより閉じぎみに咲くことが多いようです。その一方で花の中心部の赤いところは、ハマボウよりも大きく見えます。沖縄ではオオハマボウは「ゆうな」と呼ばれ、これは河口の砂がたまったところに生えることに由来します。
■撮影地別
 ○沖縄県大宜味村


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.3.18 沖縄県大宜味村