Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オニシモツケ

オニシモツケ (鬼下野)
Filipendula kamtschatica
 オニシモツケは山地や高原の湿ったところに生える植物で、シモツケソウの仲間で大型であることからこの名前があります。山地の湿原や亜高山帯の草原ではしばしば群生が見られ、7月下旬、南アルプスの北沢峠では林道わきの草地にオニシモツケが一面に咲いていました。別の年の7月中旬、女満別空港からワッカ原生花園に向かって車を走らせていると、国道沿いの麦畑のそばにオニシモツケが咲いているのが目に入りました。この植物も例にもれず北海道では平地まで下りてくるようです。
■撮影地別
 ○北海道網走市
 ○長野県北沢峠

■クローズアップ

群落
2003.7.12 北海道網走市
          2000.7.30 長野県北沢峠
Before Plant   Next Plant