Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オニシバリ

オニシバリ (鬼縛)
Daphne pseudo-mezereum
 オニシバリは日本に自生するジンチョウゲで、早春の林で黄緑色の花を咲かせます。このころにはもう葉を広げており、枯葉色の林下でもわりあいに目につきます。枝はしなやかで折れにくいため、鬼でもしばることができるということでこの名前があります。近縁種のナニワズは、レモンイエローの花をつけるのが大きなちがいで、また、オニシバリは主に太平洋側に、ナニワズは日本海側にと住みわけています。どちらも雌雄異株で、花は雄花の方が雌花より大きくなります。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○三重県いなべ市

クローズアップ(雄花)

群落
2006.3.12 神奈川県鎌倉市
      2008.3.20 三重県いなべ市    2006.3.12 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant        2016.3.5 神奈川県鎌倉市
“特選”Photo Gallery「オニシバリ」