Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ニッコウネコノメソウ

ニッコウネコノメソウ (日光猫の目草)
Chrysosplenium macrostemon
var. shiobarense
 金剛山のスギ林の登山道を下る途中、見なれないネコノメソウに気づきました。一見するとイワボタンに似ていますが、葯の色は朱色で、黄色い葯のイワボタンとは明らかに異なります。その変種のヨゴレネコノメソウは、葯の色は同じですが、萼裂片は褐色で、写真のような黄緑色ではありません。ネコノメソウにくわしい方にうかがったところ、やはりイワボタンの変種に当たるニッコウネコノメソウとわかりました。本来は花序がもっと密接し、苞葉は黄色いのが普通で、写真の株は典型から外れています。
■撮影地別
 ○大阪府金剛山
 ○愛知県瀬戸市
 ○山梨県日向山

クローズアップ

群落
2007.4.21 大阪府金剛山
          2011.4.10 愛知県瀬戸市 2012.6.24 山梨県日向山
Before Plant   Next Plant