Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ナガバノイシモチソウ

ナガバノイシモチソウ (長葉の石持草)
Drosera indica
 成東・東金食虫植物群落は、九十九里浜海岸近くの湿地にあり、食虫植物の種類が豊富なことで知られています。広さ1.7haほどの敷地の一部には木道が設けられ、植物の観察ができるようになっています。真夏の湿地では、ラン科などの花にまじって、直径1cmほどの花を咲かせたナガバノイシモチソウも見つかりました。高さ15cm前後になる1年草で、イシモチソウに比べると花期は遅く、昆虫を捕らえる葉はナガバノイシモチソウよりも細長く、おまけに先端は丸まっていて、イカの足を思わせます。
■撮影地別
 ○千葉県成東町


クローズアップ

■群落
1992.8 千葉県成東町
        2008.8.9 千葉県山武市   
Before Plant   Next Plant