Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミョウコウトリカブト

ミョウコウトリカブト (妙高鳥兜)
Aconitum nipponicum var. septemcarpum
 火打山(標高2,462m)は、山頂付近にハイマツが分布する山であるにもかかわらず、十二曲がりと山頂手前を除けば道もゆるやかで、湿原などの風景が続くなど、高山植物に興味を持ち始めた人にはお勧めの山です。この日の目的の一つは、頸城山地に分布するミョウコウトリカブトでした。天狗の庭を過ぎて登りにかかり、稜線にたどりつくと、ミョウコウトリカブトの群生が現われました。ミョウコウトリカブトはミヤマトリカブトの変種で、花柄に屈毛があり、雄しべや雌しべに短毛が密生するのが区別点です。
■撮影地別
 ○新潟県火打山


クローズアップ

■群落
2002.8.31 新潟県火打山
            2002.8.31 新潟県火打山
Before Plant   Next Plant