Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ (紫傍食)
Oxalis corymbosa
 ムラサキカタバミは路傍や空き地などで広く見られる帰化植物です。その秘密は地下部にあり、地下茎をおおう鱗茎で増殖するため除草ではなかなか根絶できず、土木工事や畑作業などでこぼれ落ちた鱗茎が撹拌され、あちらこちらから発芽して増えるというしくみになっています。このように雑草らしい繁殖力を持つムラサキカタバミですが、この日、日比谷公園の心字池のほとりに咲いていた個体は、石のすきまから紅紫色の花を伸ばしてまるで高山植物のようなふんいきでした。
■撮影地別
 ○東京都千代田区
 ○神奈川県藤沢市

クローズアップ

■群落
2003.5.9 東京都千代田区
        2012.5.19 神奈川県藤沢市   
Before Plant   Next Plant