Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤママタタビ

ミヤママタタビ (深山木天蓼)
Actinidia kolomikta
 長野県内の林道を車で移動しているときに、カラマツにからみつくミヤママタタビが目に入りました。ミヤママタタビはサルナシ科のつる性の植物です。写真のように葉の先端の半分ほどが白いのが特徴で、その後、白い部分はしだいに赤みがかっていきます。同属のキウイフルーツと同じく雌雄異株で、雄株には雄しべが発達した雄花がつき、雌株には両性花がついて果実を実らせます。近縁のマタタビは平野部や低山に多く、ミヤママタタビは亜高山など、より山深い場所で見られます。
■撮影地別
 ○長野県松本市
 ○長野県菅平

クローズアップ

■群落
2004.6.6 長野県松本市
            2004.6.20 長野県菅平
Before Plant   Next Plant