Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マルバアキグミ

マルバアキグミ (丸葉秋茱萸)
Elaeagnus umbellata var. rotundifolia
 太平洋を望む海岸で、マルバシャリンバイを撮影しようと岩場をひと登りしたところ、草地をはって広がるマルバアキグミが目に入りました。アキグミの変種で、関東以西の海岸近くに生えます。4〜5月に咲く花には花弁がなく、かわりに5裂する萼片が花弁のように見えます。春咲きなのにアキグミという名前なのは、真っ赤な果実がつくのが秋になることによるものです。マルバアキグミは葉に特徴があり、母種より葉は肉厚で丸っこく、裏には鱗状毛が密生し、潮の影響を防ぐのに一役買っています。
■撮影地別
 ○静岡県下田市


クローズアップ

■群落
2011.5.1 静岡県下田市
          2011.5.1 静岡県下田市
Before Plant   Next Plant