Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > クサボタン

クサボタン (草牡丹)
Crematis stans
 クサボタンは「ボタン」と名はつきますが、もちろんボタン科の植物ではなく、キンポウゲ科に属します。葉のかたちがボタンに似ていることから、この名前がついたものでしょう。日本に分布するクレマチスの仲間の中でも種としてはただ一つ、つるにならずに直立する種類です。鑑賞価値の高い花をつけるものの多いグループですが、クサボタンの淡紫色の花は長さ1〜2cmとぐっと小さく、花弁のように見える萼片は、横に広がらずに筒状に閉じているので、かなり印象は異なります。
■撮影地別
 ○山梨県北岳
 ○神奈川県金時山

クローズアップ

■群落
1994.8.4 山梨県北岳
        2004.9.12 神奈川県金時山   
Before Plant   Next Plant