Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コガネイチゴ

コガネイチゴ (黄金苺)
Rubus pedatus
 コガネイチゴは、日本に分布するキイチゴ属の中ではもっとも小型の部類です。高さはわずか10cmほど、亜高山帯の針葉樹の林床のほか、稜線のハイマツの下でもよく見かけます。見ただけでは草とも木ともつかず、出版物によって多年草とされたり、落葉小低木とされたりしています。多くの場合、白い花弁の数は4枚で、5枚のものが多いこの仲間では例外的といえ、また、写真でもわかるとおり、葉も5小葉のものと3小葉のものあったりと、なんだか形質が安定していない植物です。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1997.7.6 群馬県至仏山