Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > キツネノボタン

キツネノボタン (狐の牡丹)
Ranunculus silerifolius
 蓑毛から丹沢東部のヤビツ峠をめざす登山道は、バス停を下りてしばらくの間、自動車も通行可能な幅広い道がつづきます。左手の金目川に目をやると、キツネノボタンが風にゆれているのに気づきました。キツネノボタンは人里や低山の湿りけのあるところに生え、近縁のタガラシケキツネノボタンにくらべると、花弁状の萼片はやや細めなのが特徴です。深山に生え、やや毛の多いものを「ヤマキツネノボタン」と区別する場合もありますが、ここで見かけたのはキツネノボタンばかりでした。
■撮影地別
 ○神奈川県丹沢


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.5.11 神奈川県丹沢