Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > キタダケトリカブト

キタダケトリカブト (北岳鳥兜)
Aconitum kitadakense var. kitadakensis
 南アルプスの北岳では、8月、山頂直下の東南斜面は色とりどりのお花畑となり、この場所につけられたトラバース道を歩く登山客の目を楽しませてくれます。このお花畑の主役の一つにキタダケトリカブトがあります。キタダケトリカブトは北岳に特産する高山性のトリカブトで、山地に生えるトリカブトに比べると花は小さめですが、草丈が低いせいかよく目立つのが特徴です。独立種とする考えや、南アルプスなどの亜高山帯に分布するホソバトリカブトの高山型の亜種とする意見もあります。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


クローズアップ

■群落
1994.8.6 山梨県北岳
            2003.9.11 山梨県北岳
Before Plant   Next Plant