Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > カラスノゴマ

カラスノゴマ (烏の胡麻)
Corchoropsis tomentosa
 初めてカラスノゴマを見たのは、当時の自宅近くの畑の片隅でした。まったく思い当たるものがなく、図鑑をパラパラとめくりながら、ようやくその名前にいきついた記憶があります。それもそのはず、樹木がメインのシナノキ科の植物です。カラスノゴマは軟弱な感じの1年草で、高さは1mくらいになります。黄色い花は直径は1.5cmくらい、葉のつけねから花序をのばして下向きに咲きます。名前はカラスノエンドウと同じく、実がゴマのようにはじけるが、役に立たないことからついた名前です。
■撮影地別
 ○東京都小平市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant  東京都小平市